トピックス 2015年12月号

2015/12/16

(1) 秋篠宮同妃両殿下のブラジル御訪問

(2) 医療セミナーの開催

(3) アマゾナス州マナウス市における日本文化月間

内政(1)緊縮財政実現に向けた動き:残りの大統領拒否法案審議の実施 (2)現職上院議員の逮捕

日伯関係(1)連邦議会上院における日伯外交関係樹立120周年記念公聴会の開催 (2)ルセーフ大統領の訪日延期

外交(1)亜大統領選挙の伯への影響 (2)ルセーフ大統領とファビウス仏外務大臣との会談

 

(1)秋篠宮同妃両殿下のブラジル御訪問

10月27日~11月10日にかけて,秋篠宮同妃両殿下が,ブラジルを御訪問された。両殿下の御訪伯の主な日程は,以下の通り。

(ア)10月28日
両殿下は,サンパウロのグアルーリョス空港に御到着された。同日,イビラプエラ公園で開拓先没者慰霊碑に御献花された後,サンタクルス病院を御視察され,ブラジル日本文化福祉協会において日系代表者との御懇談後,ブラジル日本移民資料館御視察をされ,日系団体主催歓迎式典に御臨席された。

(イ)10月29日
両殿下は,憩の園(老人ホーム)及びサンパウロ大学本部キャンパスを御訪問された他,ブタンタン毒蛇研究所を御視察された。また,サンパウロ州政庁を御訪問され,アルキミン州知事御引見後,同州知事及び在サンパウロ総領事共催歓迎レセプションに御臨席された。

(ウ)10月30日
両殿下は,2つ目の御訪問都市であるクリチバにおいて,フルエチ・クリチバ市長の出迎えで日本広場を御訪問された他,クリチーバ日伯文化援護協会を御訪問された。また,リッシャ・パラナ州知事を御引見された。その後,オスカー・ニーマイヤー美術館で開催された,日ブラジル120周年記念行事兼パラナ州日本人入植100周年記念行事に御臨席された。

(エ)10月31日
両殿下は,クリチバを出発され,ロンドリーナ市,ロランジア市及びマリンガ市を御訪問され,ロンドリーナ文化体育協会御訪問,トミ・ナカガワ公園御視察,パラナ日伯文化連合会御訪問,パラナ日本移民センター御訪問・記念式典御臨席,マリンガ日本公園御訪問及びマリンガ文化体育協会御訪問等を行われた。

(オ)11月1日
両殿下は,マット・グロッソ・ド・スール州を御訪問され,パンタナール自然保護地域を御視察された。

(カ)11月2日
両殿下は,カンポ・グランデ市においてアザンブジャ・マット・グロッソ・ド・スール州知事を御引見された。続いて,ドン・ボスコ文化博物館御視察,クルベ・デ・カンポ市内共同センターにおいて日系代表者との御懇談後,日系団体主催歓迎式典に御臨席された。

(キ)11月3日
両殿下はパラー州を御訪問され,汎アマゾニア日伯協会での「在留邦人・日系団体幹部」との御懇談,その後,同協会2階講堂で開催された日ブラジル120周年記念「在留邦人・日系人歓迎行事」に御臨席された他,ジャネーテ・パラー州知事御引見並びに同州知事主催夕食会に御臨席された。

(ク)11月4日
両殿下は,パラー州にてヴェール・オ・ペーゾ市場御視察,アマゾン河船御視察及びエミリオ・ゲルジ博物館「キャンパス」御視察を行われた。夜,両殿下はブラジリアに御到着された。

(ケ)11月5日
両殿下は,クーニャ下院議長を御引見され,日伯外交関係樹立120周年記念式典に御臨席された。続いて,ローレンベルグ連邦特別区知事を御引見された。また,大使公邸で開催された日系社会歓迎行事に御臨席された。

(コ)11月6日
両殿下は,ルセーフ大統領を表敬された。また,ブラジル政府主催日ブラジル外交関係樹立120周年記念午餐会に御臨席された。夜,リオデジャネイロに御到着された。

(サ)11月7日
両殿下は,日ブラジル120周年記念行事(リオ植物園日 本庭園改修事業)に御臨席された後,ペザオン・リオデジャネイロ州知事を御引見され,同州知事主催昼食会に御参加された。また,リオデジャネイロ日系社会・在留邦人歓迎行事に御臨席された。

(シ)11月8日
両殿下は,リオデジャネイロにて,国立自然史博物館御視察,リオデジャネイロ植物園御視察,ポンデアスーカル御視察等を行われた。夜,両殿下は帰国の途につかれた。

 

(2)医療セミナーの開催

11月27日、サンパウロで、ブラジル日本商工会議所及び日本経済新聞社の共催により、外交関係樹立120周年記念セミナー「日伯医療連携の未来~最新技術が拓く健康社会」が開催された。中尾医機連会長、北條PMDA技監、飯田厚労省審議官、ペドロ・イボーANVISA副長官等、日伯の各方面からの代表者による講演・パネルディスカッションが行われ、今後の日伯の医療連携の方向性について活発な討議等が行われた。大使館からは梅田大使が挨拶を行った。

 

(3)アマゾナス州マナウス市における日本文化月間(11月)

11月に,在マナウス日本国総領事館は,西部アマゾン日伯協会,FUCAPI(先端技術分析開発センター),マナウス市職業センターと共催の下,「日本文化月間」を実施した。

日本文化月間で実施した主な事業は,以下のとおり。

(ア)オープニング,講演会及び展示会「アマゾンへの日本人移住~高拓生の軌跡~」(11/3~5)
11月3日から5日,マナウス市議会においてアマゾン移住に関する講演会・展示会「アマゾンへの日本人移住~高拓生の軌跡~」を実施した。5日には同市議会にて日ブラジル外交関係樹立120周年記念特別式典も併せて実施された。

 
         

 

(イ)包装ワークショップ(11/21),千代紙人形ワークショップ(11/28)
11月21日及び28日,服飾デザイナーとしてマナウス市で活躍する山本祥子氏を講師に招き,日本式包装技術のワークショップ及び千代紙人形作製のワークショップを実施した。日本を代表する文化である紙を用いた包装及び手芸は,身近にある物でできるため非常に高い関心が寄せられた。特に贈り物をより美しく装飾することができる包装ワークショップに参加した皆様は真剣にその技術を学んでいた。

 
         

 

(ウ)日本食ワークショップ(11/23,11/25)
23日及び25日の両日,ハシモト・キョウコ上級調理師を招き,マナウス市職業訓練センターで日本食のワークショップを実施した。毎年実施する日本食ワークショップは,市内日本食レストラン関係者も参加するなど,質の高いワークショップとして注目されている。昨今の伯国における手巻き寿司専門店増加に伴い,手巻き寿司のワークショップを実施し,手巻き寿司は家庭でも手軽に楽しめる和食ということを紹介した。

 


 

(エ)日本企業の工学技術に関する講演会(協力:SONY,CANON)(11/26) 
マナウスに進出している本邦企業に勤務するエヴェルトン・ゴメス・オリベイラ氏(SONY)及びアルベルト・ヒロキ・ナルサワ氏(CANON)を講師に招き,FUCAPI(先端技術分析開発センター)において日本の工学技術に関する講演会を実施した。FUCAPIは工学を専門とする理系の大学であり工業製品製造を学ぶ技術者の卵である同校学生が受講した。

 
         



 
  
(オ)カメラ撮影ワークショップ(協力:CANON)(11/28)
別途,講演会の講師としてご活躍頂いたアルベルト・ヒロキ・ナルサワ氏(CANON)が,28日,カメラ撮影に関するワークショップを実施した。参加者はプロカメラマンから,中学生まで多岐にわたった。アルベルト講師の説明を受けた後,実際にCANON社の一眼レフカメラを使用した撮影に移ると参加者は時間を忘れて撮影に没頭していた。