トピックス 2015年11月号

2015/11/19

(1)梅田大使のマラニャン州公式訪問

(2)サンパウロにおけるジャパン・ハウス(仮称)第一回運営委員会開催

内政 省庁統廃合と関係閣僚の進退

外交(1)ルセーフ大統領のコロンビア訪問 (2)ルセーフ大統領のスウェーデン・フィンランド訪問 (3)財政危機の外交活動への影響


(1)梅田大使のマラニャン州公式訪問


10月7日、梅田大使がマラニャン州を公式訪問し、フラビオ・ディーノ州知事と会談を行った。梅田大使は、同州政府の日系社会への配慮に謝意を示すとともに、サンパウロのブラジル日本商工会議所における同州の魅力や開発計画についての講演、交番制度の積極的な活用、同州の中等教育課程における日本語コースの導入を要請した。また、会談に先立ち、梅田大使は「ブラジル穀物輸送インフラ改善についてのセミナー」に参加して冒頭挨拶を行った。同セミナーには、日本側は農林水産省やブラジル駐在の日系企業から合計30名以上が参加した。
 

(2)サンパウロにおけるジャパン・ハウス(仮称)第一回運営委員会開催

9月22日,サンパウロにおけるジャパン・ハウスの第一回運営委員会が在サンパウロ日本国総領事公邸にて開催され(図1)、同運営委員会の議長として中前隆博総領事が就任した。
各運営委員会メンバーは,サンパウロにおけるジャパン・ハウスについて,日系社会を始めとする現地との関わりやビジネスとの連携等,ジャパン・ハウスを成功させるための様々な考えや意見を述べ,議論は大いに盛り上がった。
この運営委員会出席のため,外務省より薗浦外務大臣政務官が来伯され,各運営委員会メンバーへの委嘱状を代表の元伯国農務大臣のロベルト・ロドリゲス氏に手交した。
ジャパン・ハウスは,日本に関する様々な情報がまとめて入手できるワンストップ・サービスを提供すると共に,カフェ・レストラン,アンテナショップ等を設置し,民間の活力,地方の魅力なども積極的に活用したオールジャパンでの発信を実現し,専門家の知見を活用しつつ,現地の人々が「知りたい日本」を発信することをコンセプトとした新たな発信拠点。ロンドン,ロサンゼルス,サンパウロで,平成28年度中の開館を目指している。
運営委員会メンバーは,以下のとおり。
  • ロベルト・ロドリゲス 元伯国農務大臣
  • カイオ・カルバーリョ Band Arte1テレビ社長
  • 呉屋春美 ブラジル日本文化福祉協会会長
  • ジョアン・ローダス 元サンパウロ大学学長
  • 渡部和夫 元サンパウロ州高裁判事
  • 青木智栄子 ブルーツリー・ホテルズ社長
  • 村田俊典 ブラジル日本商工会議所会頭
  • ジーコ 元サッカー日本代表監督(欠席)