山田大使は、アレクシス・フォンテイネ下院議員とブラジル日本商工会議所と日本企業が抱える税制の問題点に関する意見交換を実施

2020/11/4
     10月27日、山田大使は、アレクシス・フォンテイネ下院議員及びブラジル日本商工会議所とオンラインで、日本企業が抱えるブラジル税制の課題について意見交換を行いました。

     アレクシス・フォンテイネ下院議員は、起業家として20年以上の経験があり、ブラジルでの事業展開の難しさを自らの経験をもってご存じで、議会において構造改革の推進に取り組んでいます。

     商工会議所からは7名が参加し、ブラジル経済の成長及び日伯経済関係強化に必要となるブラジル・コスト及び官僚主義の削減及び税制改革の重要性について、意見交換を行いました。