「GDF・大使館一丸となろう対Covid-19キャンペーン」への協力

2020/6/9
山田大使とズキンGDF国際課長
当館から寄付された支援物資

6月9日,在ブラジル日本国大使館は,連邦直轄区政府(GDF)のイニシアティブにより実施されている「GDF・大使館一丸となろう対Covid-19キャンペーン」に協力しました。

 

同キャンペーンは,DF内の貧困層に向けた、食糧や新型コロナウイルス感染症予防のための物資の支援を行うことを目的としております。大使館及び館員個人による寄付金で購入したアルコールジェル240本,食器用洗剤192本,洗濯用液体洗剤48本及びマスク215枚が連邦直轄区政府に寄付されました。

     

在ブラジル日本国大使館は引き続き,連邦直轄区政府をはじめとする関係機関との連帯を深めつつ,できる限りの協力を行って参ります。

山田大使,ズキン課長,岡本医務官及びGDF関係者