ブラジルの感染状況・対策

2022/5/3

ブラジルの感染状況

ブラジルにおける新型コロナウイルス感染状況は伯保健省の発表をご確認ください。

連邦直轄区(ブラジリア)の条例

 

現在、外出制限やイベント開催禁止などに関する条例はありません。
緊急事態宣言解除の条例(43225号

連邦警察による移住関係手続きの期間延長(2022年3月15日時点)

3月11日、ブラジル連邦警察は、下記の措置(3月15日施行)を発表しました。

2020年3月16日以降に有効期限を迎えた、外国人登録証、各種プロトコール(protocolo)、その他連邦警察によって発行された移住関係手続き書類(以下、移住関係書類)は、2022年9月15日まで使用することが出来ます。同期間中における申請の遅れに対する罰金は発生しません。

2020年3月16日以降に有効期限を迎えた移住関係書類は、2022年9月15日までに更新手続きをしなければなりません

● ただし、2022年9月15日までに合計30日間を超える日程で外国に滞在した場合には、本件特別延長措置の対象外となります。

<連邦警察規則(訳文)>(原文はこちら
第1条 2020年3月16日以降、在留許可の有効期限が切れた場合は、2022年9月15日まで延長される。
 1項 この期間中のオーバーステイ等による罰則はない。
 2項 2020年3月16日以前、外国人が入国管理上に犯した違反については対象外。
 3項 この条項は、各地連邦警察窓口にて面会予約ができなかった外国人のみに適用される。
第2条 2020年3月16日以降に失効した外国人登録証等の有効期限は、2022年9月15日まで延長され有効であると見なされる。
第3条 2020年3月16日以降に失効した国外発行のパスポート、身分証明書、および犯罪証明書は、外国人がブラジル国外に渡航していない限り、2022年9月15日まで有効とする。
 * なお、本件延長は、2020年3月16日から2022年9月15日の間における国外への滞在期間が合計30日間を超える場合、適用されない。
第4条 この規則は2022年3月15日に発効する。