ABRAEX主催「スポーツを通じた社会福祉、経済発展」セミナーへの出席

     9月30日、ブラジリア元国費留学生同窓会(ABRAEX)主催「スポーツを通じた社会福祉、経済発展」セミナーが開催され、約45名が参加しました。

     本セミナーでは、エドウィン・ハセガワ・2014年FIFAワールドカップ日本代表コーディネーターおよびセルジオ・ハヤカワ・日本サッカー参与による講演が行われたほか、当館奥村卓也書記官が2020年東京オリンピック・パラリンピックのレガシーに関する講演を実施しました。聴衆から多数の質疑が行われたほか、充実した内容のセミナーであった等の好意的なコメントが寄せられました。

     在ブラジル日本国大使館は引き続きABRAEXの活動を積極的にサポートし、帰国留学生とのネットワーキングの強化に努めて参ります。
 

出席者との集合写真
 

エドウィン・ハセガワ氏による講演
 

セルジオ・ハヤカワ氏による講演
 

奥村卓也書記官による講演
 

興味津々に聞き入る聴衆