第4回日伯農業・食料対話の開催

2019/9/13
8月26日、サンパウロ市において、第4回日伯農業・食料対話が開催されました。
日本の𠮷川農林水産大臣、ブラジルのテレザ・クリスチーナ農務大臣はじめ、両国の関係省庁、企業等から100名以上の方が参加しました。

対話においては、税制改革などのブラジルにおける投資・ビジネス環境の改善、穀物輸送インフラ、スマート農業分野における日伯協力の可能性、伯食品産業に関する規制など、農業・食料分野における二国間の協力等について意見交換を行いました。

また、𠮷川農林水産大はクリスチーナ農務大臣とバイ会談を実施し、ブラジルに対して、投資・ビジネス環境の改善にかかる要請を行ったほか、二国間の農業・食料分野における協力の推進等について幅広い意見交換を行いました。

ブラジルは世界でも有数の農業大国であり、日本及び世界の食料安全保障に大きく貢献しています。本対話の継続により、二国間の農業・食料分野における協力関係を含め、両国間の経済関係のさらなる促進が期待されます。