連邦下院議会における日本人ブラジル移住111周年記念式典の開催

     6月11日,連邦下院議会・本会議場において,日本人ブラジル移住111周年記念式典が開催されました。ルイス・ニシモリ下院議員(伯日議連会長)が議長を務め,山田大使が来賓の一人として出席しました。

     冒頭,マイア下院議長の挨拶文がニシモリ下院議員により代読され,日本人移住者や日本政府による伯の発展への大きな貢献を再認識し,感謝したい旨のメッセージが寄せられました。当日は,日系のキン・カタギリ下院議員(伯日議連副会長)を含む多数の下院議員や議会関係者,企業関係者,DF内の小学校生徒など,述べ約300人が出席しました。

     山田大使からは,移住110周年を記念した昨年は,皇太子殿下の御訪伯,オリヴェイラ上院議長の訪日,両国外務大臣の相互訪問,眞子内親王殿下の御訪伯など,多くの要人往来が実現し,両国の友好関係が一層発展した素晴らしい一年になったこと,2019年は,伯にボルソナーロ新政権が発足し,連邦議会も顔ぶれを大きく変え,我が国でも令和時代が始まり,両国も新時代を迎えている,歴史的な関係を更に前進させ,国際場裡においても世界の平和,安定及び繁栄のために,更に伯と手を携えていきたい旨述べました。

山田大使の挨拶はこちら

連邦下院ウェブサイトの動画配信はこちら

      
                                                                       山田大使による挨拶


カタギリ下院議員による挨拶


ルーシーDF議会議員による挨拶


ヴァン・ハッテン下院議員による挨拶


伯日議員連盟から表彰される山田大使


日系コーラス団体による君が代斉唱


DF区内小学校から多数の児童が出席