第69回ブラジル日系コミュニティー卓球大会の開催

     1月25日から27日の3日間の日程で「第69回ブラジル日系コミュニティー卓球大会」が伯中西部日伯協会連合会(FEANBRA)主催、在ブラジル日本国大使館後援で実施されました。

     第69回目となる今大会は初めてブラジリアで開催され、ブラジル全国各地から約500名の選手が競技に参加しました。

     26日に行われた開会式には、エルミニオ・スギノ中西部日伯協会連合会長ほか、パブロ・リベイロ伯卓球連盟会長代行、ホラン・フレイレ連邦卓球連盟会長、山田大使が出席し、開会の祝辞を述べました。同日夜には懇親会が実施され、各地域からの選手及び関係者との交流が深められました。

     開会式における山田大使の挨拶はこちらを参照ください。
 

挨拶するエルミニオ・スギノ中西部日伯協会連合会長
 

挨拶するパブロ・リベイロ伯卓球連盟
 

挨拶するホラン・フレイレ連邦卓球連盟会長
 

挨拶する山田大使
 

大会の様子

懇親会