サンパウロ日本人学校小学6年生大使館訪問

     10月18日、サンパウロ日本人学校小学6年生の児童10名及び吉田校長をはじめとする引率教員等計7名が修学旅行で在ブラジル日本国大使館を訪問しました。

     一行は、当館奥村卓也書記官による大使館案内の後、武藤久慶広報文化班長による外務省及び広報文化班業務に関する説明を受けました。

     その後大使公邸では、山田大使がスペイン、イラク、メキシコ、ブラジルでの様々な経験談を写真を交えてプレゼンテーションが行われ、児童は興味津々な様子で日本外交や外交官の業務の幅広さについて学び、予定の時間をオーバーして数多くの質問がなされました。

     終わりに、児童代表から日本人によるブラジル移住の歴史にもとづく寸劇のDVD及び作文が大使に手交された後、館員とともに記念撮影を行いました。