連邦区ガマ区小児癌待機センター“イエス児童施設”への支援(供与式の実施)

2016/10/6
     在ブラジル日本国大使館は、イエスキリスト愛の児童事業(連邦区ガマ区所在のNPO団体)による小児癌患者待機センター(イエス児童施設)改善計画について、平成27年度草の根・人間の安全保障無償資金協力の枠組みにより支援することを本年3月に決定したところです。

     今般、この計画に基づく宿泊棟の増設が完成し、10月5日、供与式を開催しました。供与式では、在ブラジル日本国大使館から梅田邦夫大使が、イエスキリスト愛の児童事業からマリア・シルバ理事が代表して挨拶を行いました。また、マリア・マガリャエス ガマ区長、施設を利用している子供達等、約40名が出席しました。
 

【写真】


    
    供与式                                                                                               梅田大使挨拶


    
               完成施設内部                                                                施設を利用している子供達との写真