連邦区ガマ区小児癌待機センター“イエス児童施設”への支援

2016/3/29
    在ブラジル日本国大使館は、イエスキリスト愛の児童事業(連邦区ガマ区所在のNPO団体)による小児癌患者待機センター(イエス児童施設)改善計画について、平成27年度草の根・人間の安全保障無償資金協力の枠組みにより73,422米ドルを限度とした資金協力を行う事を決定し、3月24日(木)、当該小児癌待機センターにおいて署名式を行いました。

    署名式では、在ブラジル日本国大使館からは梅田大使が、イエスキリスト愛の児童事業からはマリア・シルバ理事が代表して署名を行いました。署名式には、エベルトン・ルセロ 連邦区政府国際局公使、マリア・マガリャエス ガマ区長、施設を利用している子供達等、約30名が出席しました。
 

【写真】

 
    
梅田大使挨拶                                                                                                     署名


    
現場視察(1)                                                                                          現場視察(2)