(株)海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)によるブラジル都市鉄道事業への出資ついて

2015/12/11

   (株)海外交通・都市開発事業支援機構(以下「JOIN」)による、ブラジル都市鉄道事業への出資(約56億円)が、12月9日、国土交通大臣に認可されました。

  本事業は、ブラジル企業のOdebrecht Transport S.A. と三井物産株式会社、西日本旅客鉄道株式会社、JOINからなる日本グループが共同出資して進めるもので、(1)リオデジャネイロ近郊鉄道(Supervia)(開業済)、(2)サンパウロ地下鉄6号線(2021年開業予定)、(3)リオデジャネイロLRT(2016年開業予定)、(4)ゴイアニアLRT(2018年開業予定)の4つの都市鉄道事業からなる、本邦企業による本格的な海外旅客鉄道事業です。

  今般、JOINが出資、事業参画を行うことにより、我が国の鉄道運営に関するノウハウを活用し、技術者の派遣、現地技術者の人材育成を通して、都市鉄道の安全・安定輸送を実現します。
 

【JOINについて】

  JOINは、日本企業の海外インフラ・ビジネスを支援することを目的として、2014年10月20日、官民の出資により設立されました。
 

(リンク)

国土交通省ホームページ
 

JOINホームページ