海上自衛隊練習艦「かしま」のレシフェ寄港

2015/9/2
2015年7月27~31日、日ブラジル外交関係樹立120周年記念事業の一環として、海上自衛隊の練習艦隊(「かしま」、「しまゆき」、「やまぎり」)が、ブラジル北東部ペルナンブコ州のレシフェ港に寄航しました。

レシフェでは、中畑練習艦隊司令官によるカマラ・ペルナンブコ州知事への表敬訪問、同司令官及び梅田大使共催の艦上レセプション、モレイラ・ブラジル海軍第三管区司令官との会談などの公式行事に加え、音楽、サッカー、柔道、ゲートボール、ボランティア活動等を通じ、練習艦隊乗員とブラジル海軍やレシフェ市民、現地日系社会との交流事業が多数実施されるとともに、洋上では初めてとなる親善訓練が実施されました。

また、中畑練習艦隊司令官は、レシフェ寄港期間中にブラジリアの海軍本部を訪問し、ブラジル海軍参謀本部長を表敬するなど、制服間の交流を行いました。

今回は、1965年のブラジル初寄港から11回目となりましたが、初めて親善訓練や戦略対話など実質的な防衛交流が実施され、両国にとって大変意義深いものとなりました。

本年の海上自衛隊練習艦隊の遠洋練習航海は、2015年5月21日に東京の晴海埠頭を出港し、160日間の航海で12ヵ国(16港)を訪問するものです。ブラジルでは、レシフェに加えリオデジャネイロとサントス(サンパウロ州)が寄港地となりました。

梅田大使のかしま艦上レセプションにおける梅田大使の挨拶はこちらを参照下さい。


                                                 
                                        写真1:旗艦かしまの入港                                                                 写真2:ブラジル軍関係者による歓迎


                                                 
                 写真3:中畑練習艦隊司令官によるカマラ・ペルナンブコ州                                           写真4:かしま艦上レセプション
                 知事表敬訪問