ブラジル国民に対する短期滞在数次査証の発給について(滞在期間「90日」の追加)

     我が国は、2015年6月15日から、ブラジル国民の一般旅券所持者に対して、以下のとおり短期滞在数次査証の発給を開始します。
 

1 渡航目的及び発給対象者

(1) 渡航目的

     観光などの短期滞在に該当する全ての活動。
 

(2) 発給対象者

     ICAO(国際民間航空機構)標準の機械読取式旅券又はIC一般旅券を所持し,かつ,数次査証の発給を希望するブラジル国民。
 

(3)対象公館

     在ブラジル公館

 

2 発給条件

     以下のいずれかに該当する者

(1)十分な経済力を有する有職者

(2)過去3年間に我が国への短期滞在での渡航歴があるもの。

(注1)旅券等により自ら渡航歴を立証できる場合に限る。

(3)(1)の者の配偶者及び/又は子

 

3 査証の種類及び滞在期間

「90日」又は「30日」:十分な経済力を有する有識者又はその家族(上記2(1)又は(3)に該当する者)

「15日」:上記2(1)から(3)のいずれかの該当する者

有効期間:3年(申請内容によっては「1年」とする場合があります)

 

4 提出書類等

     提出書類
 

(1)上記2(1)に該当する十分な経済力を有する有職者

(ア)査証申請書(写真貼付)

(イ)旅券(ICAO標準のMRP又はIC一般旅券に限る。)

(ウ)申請人の身分証明書の写し

(エ)納税全文証明書等、十分な経済力を有することを証明する資料

(オ)申請人の労働手帳、会社の定款等、在職事実を証明する資料(原本及び写し)

(カ)往復の航空券又は予約確認書(原本及び写し)

(キ)旅行予定日程表

(ク)数次ビザの発給を必要とする理由書

 

(2)過去3年間に我が国への短期滞在での渡航歴を有する者(上記2(2))

(ア)査証申請書(写真貼付)

(イ)旅券(ICAO標準のMRP又はIC一般旅券に限る。)

(ウ)申請人の身分証明書の写し

(エ)現有旅券又は旧旅券等で過去3年以内に我が国への短期滞在での渡航歴が確認できる資料

(オ)渡航経費支弁能力が確認できる資料(納税全文証明書等)

(カ)申請人の労働手帳、会社の定款等、在職事実を証明する資料(原本及び写し)

(キ)往復の航空券又は予約確認書(原本及び写し)

(ク)旅行予定日程表

(ケ)数次ビザの発給を必要とする理由書

 

(3) 上記2(3)に該当する十分な経済力を有する有職者の家族(配偶者及び/又は子)

(ア)査証申請書(写真貼付)

(イ)旅券(ICAO標準のMRP又はIC一般旅券に限る。)

(ウ)申請人の身分証明書の写し

(エ)上記2(2)の者の家族(配偶者又は子)であることを証明する資料

(オ)(上記2(2)の者とは別に査証申請する場合)扶養者が十分な経済力を有する資料及び労働手帳、会社の定款等、在職事実を証明する資料(原本及び写し)(上述イ(エ)及び(オ)

(カ)往復の航空券又は予約確認書(原本及び写し)

(キ)旅行予定日程表

(ク)数次ビザの発給を必要とする理由書


 
  
追加資料: 審査上必要な場合には,上記以外の資料の提出を求めることがあります。