館長挨拶(佐藤悟)

2017/7/24
     初めまして。11月15日に駐ブラジル大使として着任した佐藤です。
 
     日本とブラジル両国の間には、伝統的友好協力関係と190万人という世界最大の日系社会等を通じた「特別な人的絆」が存在します。また、国際社会にあって両国は自由、民主主義、人権、法の支配といった共通の基本的価値を有し、共に発展し、共に主導力を発揮し、共に啓発する重要なパートナーです。
 
     本年8月のリオ・オリンピック大会には、安倍総理がブラジルを訪問し閉会式に参加しました。そして10月には、テメル大統領がブラジル大統領として11年ぶりに日本を公式訪問されました。
 
     こうして今日、両国の協力は、「戦略的グローバル・パートナーシップ」として政治、防衛、経済、経済協力、教育・文化・スポーツ交流など多岐にわたって進展しています。その中で、特に日本企業による経済活動が円滑に発展するための環境整備や、在留邦人の皆様の安全確保には一層力を入れていく考えです。また、日本との重要な架け橋である日系社会との連携強化に、一層努めて参る所存です。
 
     2018年には日本人ブラジル移住110周年を迎えます。そして、2020年には、リオ・オリンピック・パラリンピックの成功の経験を受け継ぎ、東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。こうした流れの中で、あらゆる分野での協力を推進し、両国の友好協力関係をさらに発展させて参りたいと考えていますので、よろしくお願い致します。
 
駐ブラジル日本国大使 佐藤悟

大使略歴はこちら